赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

赤ちゃんだからこそあせもが出来やすい

私が悩んでいたのは赤ちゃんのあせもでした。
お尻や背中、首などに可哀想なほど出来たこともありました。

あせもは赤ちゃんにとったら痒いため、痒いと思ったら何も考えることもなくかいてしまい傷が出来てそこに汗が染みて痛がることもたくさんありました。
子供は大人に比べると体温が高く新陳代謝もいいため凄く汗をかきます。
遊んでいる時や起きている時はもちろん寝ている時でさえ汗を凄くかきます。

そのためどうしても大人に比べるとあせもが出来やすいです。
ましてやオムツをしているため熱や湿気がこもりやすいので尚更あせもが出来やすい状態です。

プールであせも予防

夏は暑いためプールなどの水遊びをすることがあると思います。
実はその水遊びはあせも予防に最適なんです。

汗を流してくれますしオムツに熱や湿気がこもることもないので子供が楽しくあせも予防することが出来ます。
もちろん首が座ってないうちやお座りが出来ないうちはプールはとても危険なのでやりませんでしたが、首が座らないうちはベビーバスでお風呂に入れるような感じで水遊びをし、お座りが出来ない頃はさすがにベビーバスだとママも大変ですし赤ちゃんにとっても窮屈になるので普通にお風呂に少し水を溜めてお風呂で水遊びをさせていました。

もちろん溺れてしまったら大変なので浅く溜めて絶対にそばから離れたりしてはいけません。
そして水も冷たすぎると今度は風邪をひいてしまうのでぬるいぐらいに調節してあげた方がいいです。

これだけで十分あせも予防ができますし、子供も楽しく遊ぶことが出来るしその後体力をたくさん使ってよくお昼寝をするようになるのでママも休憩の時間が取れます。

<20代女性>

スポンサーリンク