赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

ブツブツの原因は2つ

息子は産まれて1ヶ月程するとホッペタにブツブツがたくさん出来始めました。
日に日に増える上に、息子はよく顔を触っていたのでツメで引っ掻いてしまい血が出てくる事もあり、「治るのか?痕が残らないのか?」ととても心配しました。

インターネットで調べると「乳児湿疹」だということが分かりました。
そして、乳児湿疹が終わると胸にブツブツが出始めました。

お風呂に入れているときにかいてしまい血が出ることもよくありました。
また、すごく痒いときは服の上からかいていました。

しばらくすると足にも少しだけで来始めました。
この原因は「はたけ」でした。

小児科の先生に相談することが子どものため

保険師さんに会う機会があり肌のことを相談すると「市販のクリームではなかなか治りにくい状態にまでなっているため小児科に行ったほうが良い」とアドバイスを受け、乳児湿疹もはたけも小児科に行きました。

乳児湿疹のときは弱めクリームを処方してもらい朝とお風呂上がりに塗っていました。
クリームが合っていたようで3日でだいぶとマシになり、2週間ほどですっかり良くなりました。
また、はたけのときはステロイドが入った強めのクリームを処方してもらい朝とお風呂上がりに塗っていましたが1週間程で息子がお風呂中や服の上からかくことがなくなりました。

1ヶ月後の経過観察では少しだけブツブツがあったので、引き続き同じクリームを塗っていましたが、朝は塗らずお風呂上がりだけで良くなりました。
さらに3ヶ月後の経過観察ではすっかり良くなりましたが、夏が近づく季節だったため「あせも」が少し出来始めているとのことで同じ種類のローションタイプを処方してもらいました。
息子の肌は見違えるほどキレイにツルツルになりました。
またこの薬は全身に使えるのではたけが出来ていないところに塗るととてもツルツルになります。

私はこの経験で、インターネットで調べて様子をみたりすることも大事ではありますが、それよりも小児科の先生に相談した方が子どものためになるということがわかりました。

<30代女性>

スポンサーリンク