赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

卵アレルギーだった赤ちゃん

息子は赤ちゃんのころから非常に湿疹の出やすい肌質でした。
小児科で処方された薬をぬれば一時期は治まりますが、やめて数日たつと元通りになってしまいます。

掛かりつけの先生から、湿疹の出やすい子は食物アレルギーも出やすいという話を聞いて、離乳食を本格的に始める前の6ヶ月頃にアレルギーの血液検査をしました。
案の定、卵白で高い数値が出てしまい、卵はアレルギーの可能性が高いと言われてしまいました。

食べてみない事には本当にアレルギー症状が出るか分からないということで1歳前に与えてみたところ、全身に発疹が出て、息も苦しそうになり、即受診し、卵アレルギーと診断されました。
それからしばらく、卵完全除去の生活が続きます。

周りの協力を得て

赤ちゃんの頃、卵アレルギーと診断されてから約1年間完全除去の生活を続けました。
幸い卵白のみでしたので、卵黄はしっかり加熱して与え、その他の肉や魚でしっかり動物性のたんぱく質を摂らせました。

マヨネーズも卵白が使用されていますので使用できません。
万が一大人の料理に手を出してはいけないので、スーパーのマヨネーズも卵も一切買わず、家に置きませんでした。
そのかわり、インターネットで卵フリーのマヨネーズを買い使用していました。
味が若干違いますが、無いよりはマシかなといった感じです。

お菓子も必ず成分表をチェックして卵白が使用されていないことを確認していました。
お友達のお母さんがよく食べ物をくれますが、パンや卵ぼーろやマシュマロなど卵を使ったお菓子は思っている以上にに溢れています。
卵アレルギーがあることを隠さず、むしろ大げさにアピールすることで周りからも協力を得ることができ、気持ちも楽になりました。

<30代女性>

スポンサーリンク