赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

原因は、主によだれと離乳食の開始!?

口の周りの感想による、赤みとカサカサに悩んでいました。

生後4ヶ月頃から、よだれが良く出るようになり、生後5ヶ月頃からは離乳食を開始し、様々な食品を試すようになったことと、よだれが良く出ることもあってか口の周りが赤くなり、乾燥してカサカサした皮膚が白く見えるようになりました。
特に冬場の乾燥する時期とも重なり(私の手荒れが酷くなるのと同じように、子どもの口の周りも乾燥していきました)酷くなっていったように感じます。

原因としては、以下の事が考えられました。

・空気の乾燥
・よだれが良く出るようになった
・離乳食を開始し、様々な食品を食べるようになった(食べるときに、どうしても口の周りにもついてしまう)

清潔・保湿・保護対策

原因としては、まず乾燥が考えられましたので、保湿のクリームをお風呂上がりと食後に塗るようにしていました。
しかし、中々症状が改善されず、保健センターで相談しました。
そこで、食後は水で口の周りを優しく洗ってから、クリームを塗ると良いと聞き、実践しました。

また、クリームはベビー用の物を使っていましたので、クリームの上から保護する目的で羊の油を薄く塗るようにしていきました。
すると、ほとんど乾燥が気にならなくなり、1週間程経つと赤みもほとんど気にならなくなりました。

ポイントとしては、

・肌をきれいに保つ(特に、食後は口の周りに雑菌が付いているため、流水できれいに洗うこと)
・乾燥を防ぐために、きれいになった肌の上から保湿クリームを塗ること(きれいにしていない肌の上から保湿するのは、雑菌を肌に広げてしまっているだけ)
・保湿クリームを塗った上から、蓋をする目的で羊の油を塗ること(馬の油でも良いと思います)

赤みがなくなってからは、保湿クリームを塗るだけですが、たまに赤みが出てくるときがあるので、上記の事を繰り返すと病院に行かなくても直すことができます。

<30代女性>

スポンサーリンク