赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

アレルギーかも、と思ったときに受診した病院の対応

季節の変わり目に、顔や手首など特定の場所に湿疹ができたことがあります。
本人はかゆがったりはしていないものの、女の子ということもあり「痕が残ったら」と思うと放っては置けず、医療機関を受診しました。

小児科か皮膚科かどちらを受診するかで少し悩みましたが、たまたま知り合いが医師をしていたので小児科を受診。
一般的なアレルギー検査をしてもらいました。
しかし、アレルギー反応は出ず。
ただ、大きくなればまたアレルギー反応が出るかもしれないということでした。

その後引越しし、何年か後、また症状が出てきたので、今度は別の皮膚科を受診。
するとそこの医師は、子供の顔を見るなり「アレルギーの顔をしている」といい、血液検査もしないまま塗り薬を処方されました。
検査もせずに断定し薬を処方するのはどうかと思い、その皮膚科に通うのは止め、違う皮膚科を受診しました。
違う皮膚科では血液検査をしてもらいましたが、やはりアレルギー反応は出ませんでした。

湿疹の原因がわからない、そのとき

子供のからだに症状は出ているものの、検査ではアレルギー反応は出ない、というのがとても歯がゆく感じました。
じゃあこの赤みは、ブツブツはいったいなんなんだ、と、原因のはっきりしない症状ほど怖いものはない、と思いました。

しかし、検査をしてアレルギー反応が出ないのも事実。

そこで、子供が食べるもので赤みや湿疹の出現に差があるか、反応を見ることにしました。
結果、素人目には、食べるもので症状が出現したり状態が悪化することはないように見えました。
アレルギーで一番心配なのは、命の危険があること。
食べものをアレルゲンとするアレルギーの中には、命の危険があるものもありますが、食べものによる特段の変化がなければ、命に別状はないはず。
そうであれば、深く気に病む必要はない、と考え方を切り替えることにしました。

湿疹をかゆがる様子がないことも、安心させる要因の一つでした。
掻きむしることで身体を不用意に傷つけることはなかったので、症状を抑えなければならない理由はない、と思うことにしました。
結局、原因不明の湿疹は年齢を重ねるごとに症状は治まり、小学校に上がるころにはほとんどなくなりました。
必要以上に心配したり、症状を抑えようとするばかりが解決方法ではない、ということを学んだ一件でした。

<20代女性>

スポンサーリンク