赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

お風呂タイムと保湿の苦労

お風呂の時、綺麗に洗おうとしても赤ちゃんが動いて洗いにくいことがあります。
保湿剤を塗るのも一苦労なこともあり、育児本に載っているやり方を試してみてもうまくいかないことがよくあります。

これから暑い日が続くので、肌のトラブルはなるべく避けたいものです。
しかし、徹底的にやろうとしてもうまくいかず、赤ちゃんが機嫌を損ねることになると、手軽に赤ちゃんと楽しみながら出来る方法はないものかと考えるようになりました。

特に、寝返りを良くするようになったり、いろんなものに手を伸ばすようになると、お母さんの苦労が増えます。

お風呂は遊ぶように、保湿は赤ちゃんに合わせて

赤ちゃんは個人差、個性があるので当てはまらない子もいるかもしれませんが、私の息子の場合で解決できたことを紹介します。

まず、お風呂での体洗うときは、初めに手で肌を触りながらお湯をゆっくりかけていきます。
髪の毛を濡らす時も顔にかからないようにしながらゆっくりかけます。

このとき「気持ちいいね」「あったかいね」など声をかけます。
先に頭を洗うのですが、シャンプーを両手に軟便なくのばしてから頭を包むようにしてシャンプーをつけます。

この時、目に入らないようにおでこには触らないようにします。
そのまま二三回くるくると回すことでシャンプーが泡立ちます。
そのあとは、指の腹で円を書くように洗っていきます。
たまにツンツンしたりして遊ぶこともあります。

次は体ですが、一度お湯をかけ、まずはお腹を洗い、次に足、腕、背中、手、顔の順番で洗っていきます。

この時、洗うだけではなくこちょこちょをしたり、体に触れながら遊ぶと機嫌が良くなることもあります。
足や腕は、くるくる回しながら手のひらや指を使って洗います。

首やわきなど洗いにくいところは人差し指でなぞるように洗っていきます。
流すときは、顔、首元、腕、背中、お腹、足の順番で上から泡を落としていきます。

保湿剤を塗るときは、赤ちゃんの寝返りや動きに合わせて素早く済ませるようにしています。
手に保湿剤をたっぷりつけて両手でぬっていきます。

このとき、無理に伸ばすのではなく、顔が終わったら新しく手に出して次は背中やお腹、また手に出して足、次に腕をして、全体をある程度できたら首元やわきなど塗りにくいところをしていきます。
細かいところをするときは仰向けで遊べるおもちゃを利用します。

赤ちゃんの周りや目に付きやすいところには物を置かないようにすることで、おもちゃに集中してくれるようになりました。
自分でマグを持って飲めるようになったときはマグを渡して、飲んでいるあいだに塗るようになりました。

<20代女性>

スポンサーリンク