赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

病院に行き肌のケアを続けるがなかなか治らない

生後5ヶ月の頃から腕や太ももがかさかさ、首などの皮膚と皮膚が重なる場所に赤い湿疹が出ました。

冬だったのですが、原因はあせも、また季節的に乾燥しやすい、洗剤や服の刺激ではないかと言われました。
処方してもらった保湿剤を全員に朝晩塗り、洗剤を減らし厚着させないようにしていましたが。

しかしなかなか良くならずに、春先になるとかきむしるようになりました。
悪化していたので弱ステロイド軟こうを処方され、数日塗り一旦良くなったのですが、ステロイド軟こうをやめると再び湿疹やかゆみが出てなかなか良くなりませんでした。

納得の出来る病院を探してみる

湿疹が長く続き良くならないので、試しに病院を変えてみました。
その病院は基本何もしないことが方針で、軟こう類は一切出されませんでした。

春から初夏にかけての時期だったので、肌着一枚で過ごし熱をこもらせないようにすること、体を洗うときは石鹸を使わず、入浴の回数も極力減らすこと、かきむしっていても止めない、かゆくて機嫌が悪いときのみかゆみ止めの内服をすることを指導されました。

最初の病院とは全く違う方法です。
2週間程そのように続けてみました。

しかし良くならず、かきむしって血がでることもありました。
このままで良いのか分からなかったので、子育てイベントでの皮膚科医の相談コーナーでも相談してみました。
その医師は最初の病院のようにステロイド軟こうを塗って湿疹を落ち着かせる方が良いとアドバイスされました。

その説明の内容が今までで一番納得できるものでしたので、軟こうの塗り方もその医師のアドバイスのように行ってみました。
その後湿疹はすぐに改善することが出来ました。

2番目の病院の治療方針が間違っているわけではないのですが、合う合わないもあると思います。
湿疹の治療法も考え方も多様なので、納得のできる説明や治療方針でなければ、病院を変えてみるのも手だと思います。

<40代女性>

スポンサーリンク