赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

赤ちゃんのアレルギー検査を決心

親がアレルギー体質で、産まれた赤ちゃんにも遺伝しているのではないかと不安になりました。
我が家では犬を飼っているのですが、犬に触れるとなんとなく肌が赤くなるような感じがあり、もしかしたらアレルギーかもしれないと疑いだしたのです。

しかし、小さい赤ちゃんから血を抜くには限度があると聞くし、かわいそうな気もしたので、アレルギー検査を受けるかどうかしばらく悩んでいました。

ある日、痒そうに肌をかきむしる息子を見て、何が原因なのか知る事でアレルギーを予防しなくてはいけない、と決心したのですが、まだ小さい赤ちゃんなのにアレルギー検査がきちんとできるのかわかりませんでした。

赤ちゃんのアレルギーの対処方法

まず、かかりつけの小児科にいき担当の先生に相談をしました。

犬に触れると赤くなってしまうこと、親がアレルギー体質であることをつげると、赤ちゃんからの採血は少量の為、アレルギー検査できる種類が限られるとの事。
私は犬、ハウスダスト、卵、そばが心配だったのでとりあえずその2つが判ればいいと検査をお願いしました。

検査の結果、案の定犬、卵に対してアレルギーがあるとの事。

我が家では犬を飼っているし、どうしようとあれこれ親戚や友人に聞いた所、アレルギーを治すには無理やり触れて治すという方法があるとのこと。
しかし私はそのやり方にはなんとなく違和感を感じ、もう一つの方法を選択しました。

それは、小さいうちはなるべくアレルギー源に触れさせず、きちんとした食事が取れるようになり自分の免疫力がつくのを待つ。
というもの。正直、半信半疑でしたが離乳食も野菜、ご飯のみにし内臓機能がしっかり出来上がるまでは肉やたんぱく質を避けました。

それが良かったのかははっきりわかりませんが、いまでは犬も卵も大丈夫になりました。

<30代女性>

スポンサーリンク