赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

まさか私の子供がアレルギー!?

生後2ヶ月の頃から体に蕁麻疹のような物ができ小児科を受診しました。
アレルギーか乳児湿疹かの区別はすぐにつけられないという事で薬を処方されました。

しかし日に日に症状がひどくなり再受診するとアレルギーの可能性が強いので検査をしようという事になりました。
小さな子供の採血は血管が細いので難しいらしく何度もやり直しました。

響きわたる泣き声に胸が締め付けられる思いでした。
子供は採れる血液の量が少ない為5大アレルゲン(卵、牛乳、大豆、小麦、米)のみの検査になりました。

結果は牛乳・卵・大豆アレルギーでした。
原因はミルク(混合)にありました。

子供の為に出来る事は全て行おう

●マイナスポイント アレルギーになるとかゆみを伴い、子供自身がずっとかじっています。
その為、皮膚が出血したり膿んだりします。
重度のアレルギーは呼吸困難になり命を落とす危険性もあります。  

●解決した方法・ポイント
①小児科・皮膚科を多く回り、先生の話を納得するまで聞く
②自分でもきちんと勉強する
③信頼できる先生を探し、言われた事をきちんと実行する(アレルギー用のミルクに変更、薬をきちんと塗る、保湿に気を使う等)
④離乳食の時期を遅らせ、アレルギーを起こしそうな食物をあげる時は慎重に慎重に行う
⑤漢方を飲み内側からアレルギーに強くなる様にした。

●結果 蕁麻疹は消えましたがアトピー体質の為、アレルギーのある食物を多く摂取するとかゆみがでて肌がぼろぼろになります。

今でも1日3回以上保湿クリームを塗ったり、食物に関して神経を使っています。

<30代女性>

スポンサーリンク