赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

卵はいつか食べられるようになるかも

2人子どもがいますが、1人目はまったくアレルギーが無く普通だったのに2人目は卵の白身がダメ!
カニも外食時にほんの少し入っているだけで湿疹が出るようになりました。

アレルギー食材は全て避けるわけには行かず、多少は試していかないといけないのでドキドキでしたね。

卵は1歳過ぎたころからスタートさせましたが、顔から首周りにブツブツが発生しました。
火をしっかり通してもダメだったので、当面は黄身をつぶして離乳食にしていました。
卵は総合栄養食材なので、食べられないというだけで結構ストレスになったのを覚えています。

アレルギーはムリして改善しようとしなくて大丈夫

卵は黄身から食べさせる。
生の部分を絶対に残さないようにする。

エビ・カニはどちらもアレルギー食材でしたがうちの子はエビは大丈夫でした。
魚を食べさせたときは、エビだけ加工している食材を購入するなどしました。

気持ちのアドバイスとはなりますが、ある程度大きくなるとアレルギーも消えてくるので、小さいうちは植物性のもので対応するなどして、思い切って気持ちを割り切ることも大事です。
子どもには少しづつ食べさせればリスクも減ります。

また、ホットケーキやお好み焼き風にして、ほんの少量を混ぜることで、アレルギーが出るに至らない場合もあります。
量の調整と調理方法を工夫すれば、アレルギーを子どもと一緒に乗り越えられると思います。

極度のアレルギーの子どもとは比べることは難しいですが、何らかの悩みはありますよね。
焦らず、ゆっくりと見守っていきましょう。

<20代女性>

スポンサーリンク