赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

赤ちゃんのアレルギー検査の重要性

娘がちょうど1歳になる位の頃に卵白でアレルギー症状が出たため、1歳を迎えてすぐにアレルギー検査を行いました。
赤ちゃんのアレルギー検査はあまりにも可哀想で辛かったです。
ですがそれによって卵白と乳製品にアレルギーがある事が判明しました。

アレルギー検査をしてみないとアレルギーがあるかないかは分からないので、可哀想でしたがやって良かったと思います。
それからは除去食を与えていましたが、お友達が飲んでいるヤクルトなどをとても欲しがり、本当に可哀想な思いをさせていました。

欲しくて泣き叫ぶ娘を押さえつけてなだめるのは本当に辛かったです。
外食なども、食材に何が含まれているか分からず不安であまり行けませんでした。

赤ちゃんのアレルギー検査は前向きに

とにかくアレルギー源を除去するために、極力外食は避け加工品も購入せず、すべての食事を手作りにしました。
止むを得ず外食する場合もアレルギー対応のメニューがある店を調べてから行ったり、店員さんにアレルギーである事を説明して持参したお弁当を食べさせたりしました。

まわりのお友達のお母さん達には娘がアレルギーである事を伝え、なるべく乳製品や卵を使用した物を娘の前では出さないで欲しいとお願いしました。
お母さん達は皆理解してくれて、お菓子なども娘が一緒に食べれるような物を用意してくれたりしました。

アレルギー検査も半年ごとくらいに行います。
赤ちゃんのアレルギー検査は命にも関わる重要な検査ですし、もしかしたら赤ちゃんの間だけのアレルギーかもしれないので検査はかかせません。
アレルギーはいつ誰が発症するか分からないですし、周りの協力がなければ我慢ばかりや辛い気持ちを味わう羽目になってしまいます。

ですからまずは周りに娘がアレルギーである事を理解してもらい、協力してもらう事がとても大切だと思いました。
そしてどうか娘のアレルギーが赤ちゃんの時だけ発症するものだと願い、毎回前向きにアレルギー検査に取り組むようにしています。

<20代女性>

スポンサーリンク