赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

改善策がまるで皆無、眠れない日々

生後5,6ヶ月から乳児湿疹と思われるものが段々酷くなり、それに伴い顔をひっかきまくるようになりました。
顔は傷だらけ、そして傷の炎症で今度はまた痒くなってさらにひどいことに。
赤ちゃんなのに、いわゆる赤ちゃん肌とは程遠くやけどでただれたような状態になりました。

もちろん皮膚科・小児科等いろいろ行きましたが、アトピー性皮膚炎と言われてただ強いステロイド剤を出されるだけ。
ママ友でアンチステロイド剤の子の話を聞くと塗るにぬれず。
特に夜眠っているときの掻きが強かったので、気になって眠れなくなりました。

いったいどうすれば少しでも良くなるのか?
ネット情報では信じがたい妙な情報もあるものの、試す価値はあるのか?と悩みました。

経験者の話が一番

数ヶ月ありとあらゆることを調べて試しましたがイマイチでした。
自分の身の周りにここまで酷いアトピーの子がいなかったので、そういう人のネットワークのサイトをWebで見つけて読んでみたところ「アトピーの小児専門医」に行ってみると良いという事があったのでさっそく探してみました。

幸い車で30分程のところにあったので、そちらに通いました。ベテランの女医さんという感じでした。
治療は手間がかかるけど言われたことを守ったら3週間で赤ちゃん肌になりました。

方法は、酷い部分にはワセリンをぬりその後ステロイドそしてガーゼを付けて包帯を巻く。
これを朝と入浴後必ずすること、3週間後に再診。息子は顔はミイラのように3週間過ごしました。

その病院ではステロイドについても極力使いたくなかった私に対して、ちゃんと使う意味や副作用が起こる場合の使用法等を説明してくれました。
どの病院に行ってもまるで駄目だったのに、結果的に同じ薬を使用方法をちょっと変えるだけで、改善されたのには驚きました。
治し方だけを模索するのではなく、同じ経験をして改善されている人の話を聞く、情報を得る事これが今考えると良かった点だと思います。

<20代女性>

スポンサーリンク