赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

アレルギーにはかなり気を付けていました

主人も私もアレルギー体質なので、赤ちゃんが生まれる前から色々情報収集をして、子どものアレルギーにはかなり気を付けていました。

生後間もないころからスキンケアを開始し、しばらくはきれいな肌を保っていたのですが、離乳食を始めた頃からたびたび肌荒れを起こすようになり、スキンケアだけでは肌荒れを対処できなくなってきたため、小児科の先生と相談の結果アレルギー検査を受けることになりました。

その結果「卵アレルギー」ということが判明しました。
ものすごくショックでした・・・。

アレルギー元の排除と改善方法

食物アレルギーの対処方法は、とりあえずはアレルギー食品の摂取をやめることなので、アレルギー物質となっている卵の摂取を徹底的に止めました。
(不幸中の幸いと言いますか、私は母乳がほとんど出ず粉ミルクを飲ませていたため、私自身が卵絶ちをする必要はありませんでした。)

口に入るもの全てを手作りというわけにもいかないので、子どもに食べさせるものは卵を使っていないかどうか成分表示をしっかり確認し、また「同じラインで卵を使った商品を作っています」という注意書きもある食べ物も全て排除して、子どもに食べさせていました。

すると、肌荒れはみるみる改善していきました。
その後、少しずつ卵製品を食べさせて様子を見るという日々が続きました。

アレルギーの程度にもよりますが、卵アレルギーは成長とともに改善されてくることも多いようで、子どもは入園する頃には卵は食べても大丈夫になりましたよ。

<30代女性>

スポンサーリンク