赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

離乳食を開始して順調に進めていました

そろそろ固ゆでの卵の黄身を始めてみようと思って与えてみたところ、ジンマシンが全身にブワーっと出て驚き、慌てて小児科を受診しました。

おそらく卵アレルギーで間違いないだろうということで、その日はアレルギーを抑える薬を処方してもらい帰りました。

詳しいアレルギー検査をするには、後日皮膚科やアレルギー科を受診した方が良いと言われて、とりあえず原因がはっきりするまでは、しばらく卵は避けて離乳食を与えることにしました。

1歳になるまで、卵は与えないようにしました

皮膚科を受診し、プリックテストというアレルギー検査を受けることになり、次のものを準備しました。

・固ゆでの黄身と白身

・半熟の黄身と白身

・生の黄身と白身

これをフォークのような針に付けて、腕の皮膚に刺します。
アレルギーがあると、針穴の回りが赤く腫れてきます。

検査の結果、白身は全て駄目、黄身は固ゆでだけ大丈夫とのことでした。
成長するとともに内臓が強くなり、アレルギーも良くなるものがあるということでしたので、2歳や3歳の節目でまた検査をしてみることになりました。

卵が使えないとかなり食べ物が制限されてしまいますが、その分他のもので栄養を補えるようメニューを考えています。

<30代女性>

スポンサーリンク