赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

生まれて数ヶ月の赤ちゃん

赤ちゃんが生まれて数ヶ月すると、プクプクとお肉がついてきて、全身の関節がそれぞれゴムで縛ったみたいに、ボンレスハムみたいになってきます。
首もお肉がたっぷりついて、うちの子供は首のお肉とお肉の間が真っ赤になってしましました。

最初はなんか顔のあたりから変な匂いがするな、と思いいろいろ嗅ぎ回ったり調べたりしたところ、首の周りがうっすら赤くなっていました。
アレヨアレヨという間に、首の周り全部が真っ赤に。

そのうち、透明の液も出てくるほどで、痛々しいし臭うしで大変でした。
原因は皮膚がくっついていることであせもがひどくなってしまったようです。

赤ちゃんのあせも解消法

まずは、きれいにすることですとのことだったので、お風呂で綺麗に洗いました。
自分一人だと皮膚と皮膚の間を広げて、洗うという作業ができないので、夫に広げていてもらい、しっかり泡立てた石鹸でそっと汚れを落とす感じで洗うようにしました。

そして石鹸が残らないようにしっかりすすぐのも気をつけました。
お風呂から上がったら、また皮膚と皮膚の間を広げて、柔らかいタオルでそっと押し拭きをして、完全に水気をとるようにしました。

昔だったらシッカロールなどつけたのかもしれませんが、現代の皮膚科の先生のオススメは「ワセリン」。
寝る前などワセリンを薄く塗って、皮膚を保護するようにしました。

それから、日中にも一度首周りだけさっと洗うようにしていたら、だんだんよくなりました。

<40代女性>

スポンサーリンク