赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

アレルギーによる赤ちゃんの肌悪化

生後1,2週間くらいでしょうか?赤ちゃんに突如乳児湿疹というものが顔全体に出来てきて、思春期にいる赤ら顔でニキビ肌の男の子みたいな状態になりました。
さっそく、産院に問い合わせて沐浴時やケアの指導をしてもらい実践したところ少し改善されました。

ところが生後6ヶ月~以降顔を中心に体全体が赤くなり成長もあって痒いところを血が出るくらいまで掻きむしる様子が辛かったです。

皮膚科・小児科・アレルギー科といろんな病院に行きました。
当時仲良くしていたママ友が赤ちゃんにステロイドの塗り薬を使うことを副作用の点から酷く否定していたので私もあまり積極的につけないことにより状態はますますひどくなりました。

夜の掻きむしり状態が酷く、こちらも気になって眠れなくなりました。
いわゆる赤ちゃん肌というモチモチ感ではなく、体全体に掻きむしりによる傷だらけな状態でした。

病院の待合室で他の子供に「汚い肌の赤ちゃん」と言われた時はつらかったです。
子供は素直ですし、現にその子の妹か弟の同じくらいの月齢の赤ちゃんは赤ちゃん肌でしたから。

アレルギー検査を受け、乳、卵(卵白)に強く反応がでました。
母乳育児だったので自分も避けるようにしました。

6ヶ月以上この肌状態が続いたのでアトピーと判断されました。

赤ちゃんのアレルギー・アトピーを克服した方法

アトピーやアレルギーで悩む方、悩んでいた方にとにかくアドバイスを求めたり、ネット上で調べたりしました。

調べて試して、ダメだったというパターンに陥りかけた頃小児科でもアレルギー専門医がいるところに行って診察を受けるよう勧められました。
調べたら自宅から離れた病院があったのでさっそく行ってみました。
昔からの病院で結構ベテランな女医さんでした。

他の病院とは違い、赤ちゃんを見ただけでベテランの看護師さんにすごい処置をされました。
肌の上に保湿剤を塗って、ステロイド剤でガーゼをして次に包帯を巻くというものです。

これを2週間続けてそして再受診を言われました。
正直、かなりびっくりしました。

全身が酷い状態だったので当時10ヶ月の赤ちゃんはミイラ状態で、さらに包帯等の処理も大変です。
ただ藁をもすがる気持ちだったので、言われた通りの対処をしました。

すると、日を追うごとに赤ちゃん肌になっていき再受診の頃は綺麗な状態でした。
その後も2歳近くになるまで、全身ミイラの状態はなかったのですが部分的に包帯をして対処してゆきました。

成長と共に肌も強くなるのか段々ステロイドも使わずになくなりました。
使うのをためらっていたステロイド剤についても、その女医さんから「副作用が出てくる量や使い方」について詳しく説明を受けたのも良かったと思います。

肌がきれいになると掻きむしりも収まり、夜も静かにリラックスして親子で眠れるようになりました。

<30代女性>

スポンサーリンク