赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎と診断されました

赤ちゃんが生後4ヶ月を過ぎた頃から、膝の裏側に赤い湿疹ができました。
最初はあせもかなと思ってあまり気にしていませんでしたが、全く治らないので病院を受診したところ、アトピーと診断されました。

最初はショックでなぜか申し訳ない気持ちで一杯でした。

主人のアトピーが遺伝したのだと思います。
私自身はアトピーではないので知識が全くなく、そこから色々と調べて詳しく知る事ができました。

乾燥や汗が湿疹の主な要因になっているということでした。
その他にも、衣類の素材や食生活や洗剤やダニなど色々な要因があるようです。

アトピーの症状悪化を防ぐ対処法とは

アトピーは放っておくと症状が悪化して治らないので、病院を受診しました。
ですが、アトピーについての考え方は人それぞれなので、自分の考えをしっかりともって治療に取り組んでいく必要があると思います。
その為には自分の考え方と通じる医師の診察を受けることが重要です。

私は3箇所の病院で診察を受けてみました。
その中で最も治療への取り組み方の考えに同意できると思った医師のところを選びました。
そのかいあってか今は殆ど症状はでません。

どのように日々のケアをしているかというと、乾燥を防ぐための保湿を徹底的にやっています。

赤ちゃんの肌は皮脂量が少ないので乾燥性の湿疹ができやすいのです。
ですがお風呂あがりは3分以内に保湿をするようにして、1日2回きっちりと保湿をすることで、かなりの乾燥は防げます。

その他にも加湿器の利用も効果があると思いました。
とにかく乾燥させない為の工夫が大切だと思います。

<20代女性>

スポンサーリンク