赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

一か月検診で、頬が真っ赤だった息子

息子は、生まれたときはきれいな肌だったのですが、2週間くらいするとほほの周りがカサカサになっていました。
私が肌の薄い、肌荒れのしやすい性質なので、おそらくそれを受け継いでしまったのでしょう。

肌が薄いと、きめが細かくて見た目はきれいなのですが、乾燥肌になりやすいんですよね。
石鹸にもピリピリしやすかったり、小さな刺激に対しても、すぐに肌荒れしてしまいます。
ベビーオイルだけではどうにもなりません。

一か月検診の時の写真を見ると、ほっぺたが半分くらい赤くなっていて、今見てもかわいそうな気持になります。
手も荒れやすくて、小さな皺がたくさん入ってしまっている状態でした。

ラノリンクリームがとても効果的

まず、石鹸を変えました。
赤ちゃん用液体せっけんの、ポンプを押すと泡で出るタイプのものを使っていたのですが、刺激が強すぎるのかと思ったのです。

一か月検診の時にお医者様に相談をすると、「牛乳石鹸の青で洗っておくといいよ」と言われたので、そちらに変更。
ガーゼで体をふくのもやめて、全身を手で洗うようにしました。

それでもすぐには改善しませんでした。
なので、赤ちゃん用肌荒れクリームを塗ることに。
いくつかアレルギー用のクリームの試供品を取り寄せて、使用してみました。

一番効果が早く出たのが、乳首ケア用ラノリンクリームでした。
え、と思われるかもしれません。
もちろん、うちにあったのも、赤ちゃん用スキンケアとして購入したものではなく、私の乳首ケア用に購入してあった「ランシノー」です。
切れてしまった乳首をケアできるくらいなので、息子の肌にも効果は抜群。何より、舐めても安全なのがよかったです。

<20代女性>

スポンサーリンク