赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

赤ちゃんの肌の乾燥放っておかないで!

長女は生後6ヶ月頃から背中が何となくザラついているように感じました。
その時は特に気にすることもなく、普段通りお風呂上がりにクリームを塗る程度で、放っておいてしまいました。
それからしばらくたつとザラつきが広がっていました。

特に腰回りからお尻あたりがカサついていました。
11月頃だったので、「乾燥してるのかな?」って思いいつものクリームを少し多めに塗ってみました。
しかし、またしばらくするとカサカサしたところが、赤い湿疹のようになってしまいました。

そこでようやく皮膚科で診てもらいました。
先生の話によるとやはり乾燥が原因だったそうです。

赤ちゃんの肌はとても乾燥しやすく、秋から冬にかけて乾燥がひどくなると今までの保湿ではダメなんだそうです。
さらに6歳くらいまではしっかり保湿してあげないと、乾燥肌になってしまいそのまま大人になってしまうそうです。
それを聞いてもっと早く診てもらえば良かったと思いました。

保湿は朝晩2回。ケチらず使うこと!

病院でもらった湿疹の薬を塗るとすぐに良くなりました。
そのあとは教えてもらった保湿方法を実践です。
まず、保湿の回数ですが今まで1回だったものを2回にしました。

お風呂上がりの保湿は当たり前で、もう1回は朝起きた時だそうです。
乾燥する時季は朝の保湿もしっかりしないとカサカサしていまうそうです。

次にクリームの量ですが、ケチらずにしっかり塗らなければ保湿したことにはならないと言われてしまいました。
そして、塗る際のポイントは耳の後ろです。耳の後ろは忘れやすく、いつの間にか乾燥し切れてしまいます。
髪で隠れていて分かりにくいので、気をつけなくてはいけません。

このようにつける回数や量、塗り忘れを注意しながら保湿をしていくとカサカサ肌が赤ちゃんらしいモチモチ肌になりました。
現在は3歳になりましたが、乾燥する時季はしっかり2回に塗るようにしています。
大人になったとき大変な思いはさせないためにも頑張ります。

<30代女性>

スポンサーリンク