赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

赤ちゃんによく見られる、冬の乾燥からくる肌荒れ

我が家の赤ちゃんが生後5か月の頃、寒くなってきた11月の下旬に急に口の周りが赤くなり始めました。
ちょうど抱っこひもで長時間出かけたときだったので、初めはよだれでかぶれたのかなと思っていたのですが、全く良くなる気配はなく、むしろ悪化していきました。

頬の方まで赤くなり、口の周りはさらに赤く荒れて痛そうでした。
そのうち、おなかや背中に細かい湿疹が出てきて、2・3日であっという間に太ももの方まで広がってしまいました。

病院を受診すると「赤ちゃんに良くある乾燥からくる肌荒れ」ということで保湿剤を処方されました。
夏場のあせもは比較的すぐ収まっていたので、今回も数日で治まるのではないかと思い、受診が遅れたことがより悪化させてしまった原因だと思っています。

赤ちゃん肌の保湿はお風呂上りすぐが効果抜群

病院で処方された薬を塗ってもすぐには変化はありませんでした。
顔用には保湿剤だけのもの、体用には保湿剤に少しかゆみを抑える薬が入っていました。
どちらもステロイド系ではなかったので、赤ちゃんでも安心して薬を使うことができました。

症状が一気に快方に向かったのは薬の塗るタイミングに気を付けるようになってからです。
お風呂上りの、タオルで体をふいてすぐのタイミングで塗るようにしました。
まだ肌が潤っている状態に薬を塗ることでより乾燥を防ぐことができたのだと思います。この方法で顔も体も良くなってきました。
また、処方上は1日2~3回塗ることになっていたのですが、薬剤師さんから「保湿剤だからもっとつけても大丈夫」と言われていたので、おむつ替えや授乳後など気が付いたら薬を付けるようにしました。特に顔は、抱っこの時などに私の体に顔をこすり薬が取れやすかったのでこまめに付けるようにしました。

<30代女性>

スポンサーリンク