赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

赤ちゃんの湿疹には親からの原因と周りの原因がある

生まれた時から赤ちゃんの肌が弱く、ほっぺは常に乳児性湿疹でジュクジュクし真っ赤になっていました。
「薬を塗っては治り、また戻ってぶり返す」の繰り返しで綺麗なつるんとしたほっぺには程遠く、他の赤ちゃんが羨ましかったです。

生後4ヶ月で皮膚科を受診して見て貰い、全体的に赤ちゃんの肌が乾燥気味だと言う事を指摘されました。
ほっぺだけでなく体や下半身周りなどは特に痒がって掻きむしって傷が出来る方が後々大変だと言われました。
親のせいではなく私の体質を受け継いだ事と、部屋が加湿してなくて常に乾燥していたことを言われたのでちょっとショックでした。

乾燥しないように最善を尽くしてみる

まずは部屋を常に生活に保つように加湿機能付きの空気清浄機を設置しました。
湿度計を置いて常に50パーセントになるように維持しました。
そして、アレルギーの可能性を考えて赤ちゃんの服は自然素材の洗濯洗剤に変えました。

朝、着替えさせる時には皮膚科で貰った保湿クリームをしっかり塗り、お風呂上りにも同じようにクリームを塗ってからパジャマを着せるようにしました。
寝ているときは風邪予防を兼ねて一晩中加湿器を付けておいたんで部屋の中で乾燥する事はなくなりました。

少しでもこの状態を怠ると乾燥して体中が痒がってしまうので、爪を短くしておくように心がけておいたりしていました。
あと、着せる洋服はガーゼ素材や綿素材を選ぶようにして化繊の物は避ける事やクリームも皮膚科の物が無くなったらオリーブ配合のクリームに変えて使い続けるようにしました。

<20代女性>

スポンサーリンク