赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

便秘の時の観察ポイント

子供を完全母乳で育てました。産まれて数ヶ月のウンチはべっちゃりしていて形はありません。
一日に数回排便する事もありました。月齢が進むにつれて少しづつ形を作っていきます。

排便の感覚も開いてきました。生後6ヶ月位のある日、ふと考えると1週間排便していない事に気が付きました。
その頃には毎日出るタイプの子供ではありませんでした。2.3日に一回程度でした。
しかし、1週間は流石に問題ではないか、と考えました。

母乳の後も嘔吐無く過ごしていますし、機嫌も良く、お腹も張っていませんでしたでのすっかり油断していました。
慌てて小児科に受診すると、口にした食物(母乳)を余す事なく栄養にするタイプなのかもしれない、嘔吐無し、腹満無し、機嫌良しとの事で問題ありませんでした。
1週間出ていないと辛いから浣腸で出して貰いました。それからは2.3日に1回の排便リズムに戻りました。

情報の共有

食事をしっかり採っているし機嫌がいいので何気なく接していました。
その上、実家にいた事もあり祖父母が見ている時間もあったので子供の情報の共有が不十分だったように思います。

機嫌が良ければ怠りがちですが、排泄も生命の維持活動に欠かせない行為ですので、物を訴える事が出来ない子供に関して、もっとしっかり観察しておくべきだったと思います。
保育所に入るまではノートを付け、食べた物、時間、量、排泄、睡眠、活動等の情報を記載し共有出来る物を作りました。

そうする事で少し子供から離れて自分の用事をしている時に祖父母がしてくれた行動をその後ノートを見る事で把握する事が出来ました。
その為には祖父母にもきっちり書いてもらう事か引き渡しの時に申し送りをしてもらう事になりました。
急に預けないといけない時もその前後の日の事を参考に子供の世話をしてもらえるように頼みました。

<20代女性>

スポンサーリンク