赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

新生児期と離乳食開始時期はウンチが気になりました

赤ちゃんが産まれてしばらくは、おっぱいやミルクの量とウンチの量と回数が一番気になるところだと思います。
便秘が気になっていたのは新生児のころと離乳食を開始してしばらく経ったころの生後7ヶ月ころでした。

新生児のころは1日に2、3回は出ているウンチが1日1回の日があると大丈夫かな?とすごく心配していました。
そういった時は赤ちゃんも泣いている時間が多く機嫌が悪い気がしました。

生後7ヶ月ころは2、3日間ウンチが出ない日もあり、ウンチもいつも固いコロコロのウンチで、出すのも大変そうでいつもふんばっている様子を見ているのがかわいそうでした。

赤ちゃんの便秘の解決方法

新生児期にいつもよりもウンチの量が少ない時は、おっぱいとミルクをしっかり飲んでいるかを気をつけてみて、いつものように飲めていればお腹を優しく時計回りにマッサージするようにしました。

離乳食開始期は食事内容が変わることで便秘にもなりやすいようです。
生後4ヶ月ころからベビーマッサージを始めていたので、出ていないときはお腹を中心に念入りにマッサージを行いました。

また、おっぱい以外に水やお茶などであまり水分を摂りたがらない子だったので、スープなどで水分を摂れるようにしました。

それでも3日間出ない場合は、綿棒を使いました。ベビーオイルをたっぷりつけた綿棒の先の部分を肛門に入れた状態で大きくゆっくりと2、3回ぐるっと回します。
初めはおそるおそるでしたが、ここまで思い切ってやってあげることでウンチが出ます。

<20代女性>

スポンサーリンク